ミルワームの床材

ミルワームのストック方法を前回の記事で紹介して約二週間の成果を見てみました。

ミルワームを4カップ買ってきて、

2カップ=ふすま粉
2カップ=クワガタ育成マット

でキープしてみました。

結果としては、クワガタ育成マットのほうがプリプリになってきている、気がします(^ー^;)

床材を掘り返し、最初に見つけた5匹を取り出して比べてみる。
これを2セットやってみました。

どちらの写真も、
左→クワガタ育成マット
右→ふすま粉
です。
左のほうがプリプリしていると思いませんか?特に一枚目は右の方は細い個体が多かったです。これはもちろん選別してわざと細いのを選んだわけではなく、ランダムにかき混ぜて出てきたミルワームを公平に5匹ずつ取り出しました。

見ていても少し右のほうが細いのが多く、わざとと思われると困るので、二回実験しました。二回目は右のふすま粉の方もぷりぷりとしていたのが多くいて安心しました。

しかし、左のクワガタ育成マットの方は逆に細い個体を見つけるのが難しく、全部プリプリしていて元気が良かったです。

はっきりと違いがあるかと言われると自信がありませんが、そこはまだ二週間だからという気もします。

 

取り出した時の暴れ方は全く違います。クワガタ育成マットの方がとっても暴れます。元気がいいです。
そして、少しだけ、やはりふすま粉の方は細いように見えます。

もし同じ成長結果だったとしても、入手の容易さ、値段からクワガタ育成マットの方がいいような気がします。

クワガタ育成マット・・・10リッターで598円
ふすま粉・・・500gで1130円

リットルとグラム表示なので、はっきりとわかりませんが、袋の大きさはクワガタ育成マットの方が倍くらい大きいです。
そして値段は約半分。お買い得なのはクワガタ育成マットなのではないでしょうか。

SNSでアロワナとプリプを飼育されている方がクワガタ育成マットをおすすめしていたので試してみたのですが、その方の水槽がとってもきれいで羨ましく、熱帯魚熱が再燃しそうになるのを必死で止めてます(^ー^;)

ポリプの60cmを超えた個体ってやはり見応えがあるし、かっこいい~。自分でもキープしてみたいなぁ。ってすっごい思ってます。ヤフオクでポリプの検索をするのが最近の趣味でもあります(^ー^;)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です