強制給餌は最後の手段

Kyo

先日、コオロギを吐き戻していたベビー。このままだと死んじゃうと思い、強制給餌に踏み切ることにしました。

先輩諸氏には「強制給餌であまり良い結果を得られたことがない」というアドバイスを頂きましたが、このまま放っておいても良い結果にはならないように思い、踏み切りました。

Kyo

乳鉢って意外と売っていないですねぇ。100均にあると思って見に行ったらどこにもおいてませんでした。結局ネットで買いました。

カルシウム少々
ミルワーム一匹
ブレンドフード一本
水少々

これをすりつぶします。流石にきれいに潰れます。100均で買ってきたすり鉢とはスリ具合がぜんぜん違います。

Kyo

これをフードポンプ(10cc)で吸い取ってノドの結構置くまで入れ込み、ポンプを押して流し込みます。

この過程は一人では写真を残せませんね(^ー^;)

このフードポンプは先がゴムチューブになっているので安心です。

キレイにエサだけ流し込むことができず、空気が間に入ってしまいます。これが気になるけど仕方がありません。

 

Kyo

給餌し終わったあとのベビーです。
背中もしっぽも手も足もガリガリ。なんとか復活してきてくれるとうれしい・・・。
最後の望みですね><

Kyo

給餌後は9gでした。
同じ日に生まれた他のベビーは20gを超えたので、やはりかなり重症です。

記録として残していきたいと思います。

 

にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ

レプテリアレオパ飼育キット ジェックス

三晃商会 サンコー レプタイルボックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です