室温、もとに戻りました。

昨晩24時
今朝5時

昨晩、小屋のドアがあきっぽなしになっていて、気がついたときには部屋の温度が7.3度になっていました。

慌ててドアをしめ、バスキングライトなどを全部つけて2時間ほど様子を見ていましたが、エアコンとバスキングライト、パネルヒーターのおかげで、20度をやっと超えてくれ、心配しながら眠りにつきました。

寝る直前に見た温度は26度。
朝起きてすぐに確認した温度は29度。

なんとかもとに戻りました。急激に下がってまた急激に上げるのもどうかと思うのですが、放っておけないので戻すことにしました。

昨晩の時点で、動きが緩慢で衰弱死してしまうのではないだろうか

と心配していた子たちの状況を残しておきます。

結果はみんな元気でした。死亡はほとんどなし。イエコのSが5〜6匹ほど死んでいたのですが、これは通常でもそうなっていかもしれません。

アンダーウッティサウルスミリー

元気でした。あまりいじってストレスを与えたくないので水だけ交換しました。今日はペットシーツの交換だね!
とりあえずイエコを入れてみました。
普段はピンセットからしか食べないのですが、急激に温度が変化したあと、無理やり食べさせるのも内蔵に負担が掛かりそうなので、放しておくことにしました。

すると、今までは放していたイエコに反応することはなかったのですが、ロックオンして、追いかけ回していました。

食べるのが下手なのでまったく捕まえられてませんでした・・・(^ー^;)

ちょっとひと安心です。

エサたち

エサたちも結論から言うと被害0のようです。
トリニドショウジョウバエは昨日全部容器の下に落ちていたのですが、今日見てみるといつもどおりになっていました。寒さで固まっていたんですかね。

イエコの初令たちも全然死んでいるようには見えませんでした。1000匹くらいいると思うので、何匹いなくなったとかは全然把握できませんが・・・(^ー^;)


そのた、写真を取ってないのですが、ミルワーム、ジャイアントミルワームたちも元気でした。

ジャイミルは先日、西日が差して40度近くまで上がった事がありました。あのときは多分時間にして1時間もなかったと思うのですが、全滅しました。

今回は7.3度になって推定3〜4時間。やはり低温のほうが死亡リスクは低いですね。かなり。

マラカイトたち

マラカイトハリトカゲたちもみんな元気でした。逆に、ちょっとうれしい誤算というか、新しい発見がありました。
1枚目の子がすごく緑になってます!!しかも半分だけ。
たぶん昨晩はバスキングライトとUV灯をつけたままにしておいたので、寝ているときにずっとUVを浴び続けていたのでしょう。

この子はいつも底砂に潜って寝ます。昨日は潜りきれず、少しだけ上半身が見えていたのでしょう。

こんなにも鮮やかな緑になるんですね!!

いつもあまり色が上がらず、心配していたのですが、これはちょっといい発見でした。
おそらく、UV灯の位置が悪いんだと思います。UVは少し離れるだけでガクッと少なくなります。現在はケージの前面上部にZOOMEDのUV蛍光灯をつけていますが、この子たちは昼間は奥の壁に張り付いています。そのちょっとの距離でUV値が少なくなってしまってるんだと思います。

ちょっと考えないとですね。スパイラルにするか・・・。

2枚めの子はピンセットから食べている様子を撮れたので載せました。
上の子も、マラカイトたちは全員ピンセットからデュビアを食べてくれます!

まだ、もう少し様子を見ないといけませんが、今の所最悪の状況は逃れているみたいです。
今後このようなことがないように気をつけないといけませんね。

にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ

レプテリアレオパ飼育キット ジェックス
三晃商会 サンコー レプタイルボックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です