マサイ・テイラーの引っ越し

先日リストアが完成したケージにテイラーアワリアガマとマサイヨロイトカゲを引っ越しさせました。

ケージサイズ

横600mm
奥450mm
高300mm

先日リストアが完成したケース→こちら
これを真ん中に仕切りを入れて300×450×300mmの2部屋になるようにして使っています。
壁のうすいマンションのようです。

床材

チプシー エクストラスモールチップ

10リットルも入っていてこの値段は安い!
そしてもっとトゲトゲしているのかと思いましたがそうでもなく、優しい硬さです。
ちょうどいい感じ。
トゲオアガマの飼育者さんがおすすめされていた床材でしたが、流石におすすめだけあってすごく良さそうです。
これからはこれをメインに使っていきたいと思います。

少しフンなどが残っていたほうがいいということらしいので、前の床材を混ぜています。

created by Rinker
¥1,555 (2024/06/14 11:24:13時点 楽天市場調べ-詳細)

照明

400mm テープLEDライト
このライトを上部のフタに置き、両部屋に明かりが届くようにしてあります。

バスキング

マイクロサン28w
両部屋ともこれにしました。

UV灯

レプティサン10.0 UVB15W 直感型
これもLEDライトと同じようにフタの上において両方の部屋に紫外線がちゃんと行くようにしました。

保温

園芸発芽マット 10cm x 52.5cmというのを下に引いています。
あまり暖かく感じないのですが、密着しているとほんのり温かいようです。

UV・温度の確認

右の部屋(マサイヨロイトカゲ)

奥のシェルター上
温度40度
UVB値 100

手前扉付近
温度27.5度

今までのケースよりも長さが5cm、高さが10cm広くなりました。空間が広くなったからか、温度勾配がはっきりついてくれてうれしいです(^ー^)

早速バスキングをしていました。手足を伸ばして完全にリラックスモードですね。
この子たちは持ち腹のペアということでしたが、未だ赤ちゃんは産みません。お腹に子ども入ってないんじゃないかな?戸思うほど扁平です。

ヒナタヨロイトカゲとの差はそのあたりですね。ヒナタヨロイトカゲは少し体高も高く、ふっくらしていますが、マサイヨロイトカゲはぺったんこです。その分狭い岩場などにも入り込めるんでしょうね。

昼間は結構活発に動き回っているようです。

左の部屋(テイラーカワリアガマ)

奥の木の上
温度45度
UVB値 160

手前扉付近
温度27.5度

テイラーアワリアガマはそれまで30cmキューブ(30cm×30cm×30cm)で過ごしていたので九に15cmも大きくなりました。
その分はっきりと温度勾配がついてくれてこちらは安心ですが、本人たちは広い空間に少し戸惑っているようです(^ー^;)

にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ

レプテリアレオパ飼育キット ジェックス
三晃商会 サンコー レプタイルボックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です